「学習障害」を持っている子供たちの中には、かけ算の「九九」が覚えられない子供たちがいるようです。「学習障害」とは「発達障害」の分類の中の、特に学習に関する困難が著しく目立つ子供たちのことを表しています。「読み・書き」に加え、「計算」などが苦手な子供達が多くいるようです。小学校の低学年のころに覚える、「九九」の掛け算などの順番を読み上げることはできても、テストになってしまうと、掛け算の問題を一つも解くことができなかったりすることなどもあるようです。これは、「九九」の順番を覚えることはできても、掛け算自体に使用される、数字の概念を理解することができないことから発生してしまう現象のようです。数字の概念を理解できない子供達の「特性」の中には、言語を上手く理解出来ていない障害も含まれていることが多いようです。国語などの「読み書き」や「文章の読解力理解力」を、まずはベースとして、ステップアップさせ、その後に算数の基礎を教える事で、効率よく数字の概念の理解力につながってくる学習方法などもあるようです。さらには、国語、算数に加え、英語などの強化が加わってくると、ローマ字などの理解力も求められてくることから、子供たちの 「学習困難」はさらに負担となってきてしまうので、「学習障害」は早期発見が何よりも大切な支援であるとも言われています。発達障害の特性に関しては、それぞれの子供たちに様々な特徴のある「特性」が見られるので、個々の「特性」を見極めながら周囲の大人たちが支援やサポートを行っていく必要があります。