発達障害をもつ子どもたちも脳には、部分的に、機能障害などが見られることで、特定のある行動や、感覚が目立つのだそうです。脳の部分的な機能障害とともに、音を聞いたり、物事を見たり、また、感覚的な部分での感触や匂いなどにも、特性のある反応を見せることが分かってきました。発達障害を持つ子供たちの感性が過敏であったり、鈍感であったりすることは、最近の研究の中でも、大いに注目されている部分でもあります。突然の物音に極度に怯えていたり、部屋の中の蛍光灯を眩しすぎると訴えたり、水や風に対する感覚などにも、その特性がみられているようです。気温や気圧の変化に対して、人々が体調を崩したり体調不良を起こすこともありますが、発達障害を持つ子供たちは、極度にそのような体調不良などとともに、気候や温度の変化を強く訴えることがあるようです。脳の機能の一部が、情報処理する際に一般的な情報処理とは異なった感覚や、感性を生み出すことによって生まれる特性ですので、周囲の大人たちが、子供たちの訴えを無視して我慢するように促すのは、本人たちの大きなストレスや、不満につながってしまうこともあるでしょう。何よりも、本人の感覚や感性を大切にしながら、一般的な環境で快適に過ごせる方法を一緒にみつけてあげることが重要です。