発達障害を持つ子供たちは、日常的に、注意を受けることが、多かったり人前で怒られたりする機会が、比較的多くなってしまうため、自分自身に自信を持てなかったり、劣等感を常に感じてしまうような子供達が多いようです。成長過程においてそのような形で、自分自身を認めることが出来なかったり、自尊心を大切にすることができない環境音育ってしまうことは、成人した後にも、劣等感や、自尊心を欠く形で成長を遂げてしまう可能性が出てきます。

子供たちの成長過程で、発達障害の特性に対する認識を、前向きに行っていくことで、自信、または、意欲などを植え付けることが、何よりも子どもたちにとって、大切な支援やサポートとなってくるのではないでしょうか。発達障害を持つことで、子供たちは、周囲の子供たちから遅れを取ってしまったり、また、他の子供達が簡単にできるようなことが、本人たちにとっては困難であることも多くあるはずです。

何よりも、彼らを支える家族や周囲の人々が、彼らの特性に対して、理解を示すことで劣等感や、 心の不安感を支えることが大切であるようです。発達障害を持つ子供たちとの接し仕方の中で、出来ないことを責めるのではなく、出来ることを褒め、出来ることを伸ばすといったような、成長過程における、本人たちの長所をクローズアップすることが、何よりも大切であるでしょう。「褒めること」は、甘やかしなどではなく、本人たちの自己肯定を促す1つのきっかけとなるのではないでしょうか。