発達障害を持つ人々の中には、急なルール変更や時間変更に、臨機応変に対応できないというような人々もいるようです。そのような突発的な出来事の中で、自分自身が思い描いていたような状況で無くなってしまうことから、大きな不安を抱えてしまったりパニックに陥ってしまうことで 仕事の作業が滞ってしまったり、業務上の中で多くのミスを連発してしまったりするようなこともあるようです。発達障害を持つ人々の「特性」の中には、自分自身の行動に関する強い執着や、こだわりを持つ人々がいるため、このような混乱を招いてしまうことがあるようです。職場などでの、社会生活の中では、集団的なルールを守ったり、臨機応変な対応が求められるため、発達障害を持つ人々は、多くのストレスを感じてしまったり、周囲とのコミュニケーションが大きなストレスになってしまう傾向がみられるようです。社会人として、社会のルールを守ったり、職場の規律を守ることは、当たり前の基本として、求められるため「発達障害」を持つ人々にとっては、社会人としての基本的なベースを築くことが、多くのストレスや不安要素を抱え込んでしまうこともあるようです。「発達障害」の「2次的な障害」などとして、「うつ病」などが挙げられるのは、「特性」を持つ人々が 日常生活の中で過度なストレスを、抱えてしまうことなどから、2次的な疾患を招いてしまうようなことが考えられています。