「発達障害」の子どもたちの両親を支える取り組みとして、ペアレンツトレーニングというものがあります。

「発達障害」などの障害をもつ子どもたちの保護者に限った取り組みではなく、親として子どもとの関わりを学んでいくプログラムとなっているようです。

子育ての問題としては、子どもの不登校に悩む両親や、子どもの暴力的な行動への対応に追われたり、両親は日常的に子どもとの関係性に悩みを抱えるものです。

そのような問題に取り組む為の訓練や知識を「療育」として、広めようとしている試みが、ペアレンツトレーニングなどと呼ばれるプログラムにあるようなのです。

ペアレンツトレーニングと呼ばれているような「療育」に関する支援や取り組みは、様々な団体や機関で行われているようですが、何よりも、両親の負坦とならない訓練方法がベストな取り組み方です。

子育てと同じように、両親たちが親として成長していく過程では、定型にあてはまらなくとも、自分たちなりに解決する方法を見つけ出していけば良いのです。

未来を紡ぐ!! 発達障害INFO のTopへ